スポンサーリンク

よろず日記

イギリス ブラウニーワイヤレスカンパニー社製 鉱石受信機 と懐かしの秋葉原

更新日:

公開日時: 2017年12月5日
イギリス ブラウニーワイヤレスカンパニー社製 鉱石ラジオです。
1920年代のもので、す。
 <、/span>
この記事は懐かしの思い出です。過去にこの鉱石ラジオの記事を投稿しています。
 
10年ほど前に、秋葉原ラジオセンターにある「内田ラジオ」で購入しました。
 
もうずっと秋葉原に行っていないので...ラジオセンターは?内田ラジオは?
 
「秋葉原、内田ラジオでございます。」の本も書かれている店主の内田久子さんから直接買わせていただきました。
(↓ 前に本を買ってPDF電子書籍化しました。スキャナーでPDFにすることを自炊なんて言っていましたが今も言うかな?)
当時、秋葉原に買い物に行ったときは、いつもよらさせていただいだきました。ラジオ用真空管もこちらでよく購入しました。
ある日、見たのがこれです。内田さんも「このラジオはめったに入ってこないもの」という風におっしゃっていました。
 
「ぼくらの鉱石ラジオ」の本でも有名な小林健二氏、その本で見た鉱石ラジオと似ている!と思い、購入しました。
 
(↓ 昔、本を買ってPDF電子書籍化しました。)
 
 
動作するかというと、自分としては鳴らすことができませんでした。
だからといって、不動品とも言えないのかな?
 
こんな実験をしてみました。ゲルマニウムダイオードとバリコンをつないでました。すると小さい音ですが、NHKが聞こえてきました。
 
また、写真のこれまた年代物のレシーバーでは聞こえてきませんが、クリスタルイヤホンをつなぐとゲルマニウムダイオード・バリコンとの組み合わせでNHKが聞こえてきました。
 
ここまでやるとコイルと回路構成のみ生きており、ラジオ自体の能力がないいわれても仕方ないですね。
 
 
使用していたアンテナ線は、一般にあるリード線を10mほど室内に張り巡らせていました。アースはしてませんでした…
 
接点調節方式の検波器であり、中の鉱石は、紅亜鉛鉱(私感)と思われます。
ここが年代物だとむつかしい部分かもしれません。同調の点でも接点が課題でしょうか。
 
底にふたがありネジで外せますので、中の回路状態を確認できます。またコイルもはめ込み式なので外せます。鉱石検波の部分も外して分解できます。鉱石はくっ付いています。
 
過去に自作鉱石ラジオを作ったときは鉱石を購入し削ってハンダを流してくっつけたことがあります。そういう方法も可能かもしれません.
コイルは、導通があります。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

パソコン・スマホの基礎講座

1

今回は、「心に響くフォトムービー」というPCアプリで、スマホで撮った写真を簡単にビデオできることを紹介いたします。   目次1 「心に響くフォトムービー」とは?2 まずは、手前みそのYouT ...

2

ここのところ、脳トレのクイズやパズルが流行っていますね。特にナンプレ(数独)が流行っているようで本屋さんに行くとたくさん出ています。難問に挑戦する人たちも多いようで私には難しすぎます。 クロスワードは ...

3

Yahoo! JAPAN の記事からです。 目次1 コンテンツ利用料金の清算確認が取れません。アマゾンジャパン2 偽Amazonと本物Amazonの見分け方3 騙す手口とは? 現金ではなく、コンビニで ...

4

ついにFacebook社が、便利な機能の大幅廃止を実行します! 不正流出事件を受けてのことですが。 私の長年のGooブログも「お知らせ」が来ていました。おそらく他の会社のブログも連絡がきていているでし ...

5

私に、2018年6月28日付けで、こんなメールが届きました。   先に言います!! 詐欺サイトの偽メールです!!     「アカウント検証」を絶対クリックしないこと!! ...

-よろず日記

Copyright© シニア専門パソコン家庭教師が語る 楽しいパソコン・スマホの初歩 , 2018 All Rights Reserved.